障害年金と確定申告・医療費控除

ガル山
ガル山

おこんにちは!ガル山(@GaruGaru_nyaaan)です!

そろそろ確定申告の時期がやってきましたね。

わたしはささやかに個人事業をやっているので、そろそろ準備を始めないといけません。

そして この記事を読んでるあなた。

自分は年金とパートの収入しかないし関係ない…と思ってませんか?

年収200万以下で通院しているならば関係大アリです!

医療費控除

確定申告には医療費控除というものがあります。

簡単に言うと、収入に対して医療費を払いすぎていればお金が返ってくるシステムがあるのです。

その医療費控除、年収200万以下の場合、医療費が年収の5%を超えていると医療費が戻ってくるのです!

まだわかりづらいと思うので簡単に説明します。

障害基礎年金2級・パートの年収60万をもらっている場合を例に書きます。

障害基礎年金2級…779,300円

パート収入         …600,000円

障害年金は非課税のため、控除の対象にはなりません。

そのため今回は年収は600,000円ということになります。

600,000円の5%…30,000円

年間の医療費が30,000円(月2500円)を超えていて、かつパート先で源泉徴収がなされている場合、還付の対象になります。

また ここでは詳しく書きませんが、年収200万以上でも年間医療費が10万(月8,333円)を超える場合も還付を受けることができます。

障害者控除

さらに 障害者手帳を持っている方は27万円の障害者控除が受けられます。

クローズで働いていて、年末調整では手帳をもっていることを書けなかった…という方。

確定申告では勤め先にバレる心配もないので、ちゃちゃっと還付を受けましょう!

確定申告は難しくない

確定申告というと、フリーランス・個人事業主の方の地獄の叫びツイートから『難しい』というイメージがありますが、各種控除を受けるだけならとても簡単にすることができます。

不安な場合役所や税務署に行けば親切に教えてくれるので、混み合う前に1度相談されることをオススメします。

ツイートでは控除関係のことがごちゃっとなってしまい申し訳ありませんでした(´・ω・`)

参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました