突撃!隣の発達さん~すうさんの場合~

ガル山
ガル山

おこんにちは!ガル山(@GaruGaru_nyaaan)です!

突撃!隣の発達さんも第5回目となりました!
今回のゲストはこの方、すうさん(@6_zk4note)です!

初の女性ASD当事者さんです。
これまでの人生から恋愛観まで幅広く語って頂きました。

発達障害者のリアルを感じて頂けたら幸いです。

それでは本編いってみよう!

プロフィール

ガル山
ガル山

はじめまして、こんにちは!

どうぞよろしくお願いします!

早速ですがプロフィールをお伺いしてもいいですか?

すう
すう

はじめまして!こちらこそよろしくお願いします!

22歳、女性、栃木に住んでいます。

ASDの診断を受けています。

クローズで児童指導員の仕事と、とある芸術分野でも兼務で働いています。

ガル山
ガル山

児童指導員の仕事って具体的にどんなことをするんですか?

すう
すう

小学生から高校生までの障害をもってるお子さんが通う施設で、一緒に遊んだりするお仕事です。

芸術分野の方は業界が狭すぎるので秘密でお願いします(笑)

幼少期~小学生時代

ガル山
ガル山

小さい頃はどんなお子さんでしたか?

すう
すう

友だちがいなくて、ずっと本を読んでいる子供でした。

あんまり覚えてないんですよね。

ガル山
ガル山

なるほどなるほど~。

小学生になってからはどうでしたか?

すう
すう

友だちと遊んだとか話したとかいう記憶があんまりないんです。

そういうところに意識がいってなかった気がします。

ガル山
ガル山

授業中の態度はどうでしたか?

すう
すう

勉強自体はずっと好きでした。授業は楽しかったですね。

ただ 授業のスピードが遅いとイライラしちゃうんです。

机の下に本隠して読んで怒られてました(笑)

ガル山
ガル山

わたしも同じことしたことあるなぁ。

教科書配られると最初に全部読んじゃう子供だったので、国語の授業なんか暇でした(笑)

すう
すう

すごいわかります!読んだ状態でその単元がはじまるんですよね!

中学生時代

ガル山
ガル山

中学校に入ってからはどうでしたか?

すう
すう

引き続き本を読むのと勉強が好きでした。

このあたりからちょこちょこ友達とのトラブルが見えてきました。

ガル山
ガル山

トラブルというと、どんな?

すう
すう

自分では普通に話してるつもりが、相手が泣いてしまったことがありました。

ガル山
ガル山

それはつらい…。

授業中の態度はどうでしたか?

すう
すう

小学校と違って速度も速くて楽しかったです。

授業中に困ったことは特になかったですね。

ガル山
ガル山

うらやましいです…。

わたしはADHDがあるので、足パタパタさせたり空想したり大変でした(笑)

すう
すう

その辺は勉強自体がすごく好きだったから大丈夫でした。

高校生時代

ガル山
ガル山

高校生になってからはどうでしたか?

すう
すう

高校1年生の秋位に色々と調子を崩して、児童精神科に4か月入院しました。

ガル山
ガル山

4か月っていうと長いですよね?

すう
すう

どうでしょう…周りの子が年単位の入院だったので、短いと思っていました。

ガル山
ガル山

あー…そうか!言われてみればそうですよね。

すう
すう

これがきっかけで、きっともうまともな人生は無理かなって思いました。

ガル山
ガル山

それ以降の学校生活はどうでしたか?

すう
すう

それからは遊んで高校生活を過ごしました(笑)

大学生時代

ガル山
ガル山

大学生になってからはどうでしたか?

すう
すう

同じ大学の人とは深く関われませんでした。

何してたのかな…結構アルバイトの他にもボランティアとか。

自分で習い事を作って運営してみたり、そこら辺に自分のエネルギーを向けていました。

ガル山
ガル山

すごく精力的に活動されてたんですね!

すう
すう

母が情緒不安定なのもあって、家にいるのがあまり好きじゃなくて。

ガル山
ガル山

どっちかというと内向的だけど、家にいるのは好きじゃないって状態だったんですね。

すう
すう

そうですね(笑)矛盾した感じです。

ガル山
ガル山

この頃の特性上の苦労ってありますか?

すう
すう

感情のコントロールができないっていうのがひどくなっていました。

ガル山
ガル山

ふむふむ

すう
すう

福祉系の学部だったので、実習で指示を受けたりロールプレイで何か言われるっていう場面が多かったんですけど、曖昧な指示を出されると「ん??」となってイライラするし…。

ガル山
ガル山

あれ・それ・これ・あっち・そっち・こっち…とかね。

すう
すう

人とのコミュケーションも決してうまくはないので、それで失敗したり笑われるとイライラするしで…そのあたりがうまくいかなかったですね。

ガル山
ガル山

学生時代に発達のこと含め超勉強したってnoteにあったんですけど、その辺はどうです?

すう
すう

アハハ 「超勉強した」はちょっと盛ってますね(笑)

ガル山
ガル山

盛ってますか(笑)でも勉強はされたんですよね?

すう
すう

はい、していました。

しばらくは自分が発達障害だとは思ってなくて、大学1年生の時に医師に言われるまでは精神的なものだと思っていました。

発達障害だと言われる前に放課後デイサービスや児童発達支援でアルバイトをしていて、子供に出すようなプリントがわたしにもわからなかったことがありました。

ガル山
ガル山

それはちょっと自分にびっくりしますね。

すう
すう

どうしてそういう考えの傾向になるのかっていう仕組みとか、それに対するSST(ソーシャルスキルトレーニング)だったりとか、すごく面白いし参考になるなと思って素人なりに勉強していました。

ガル山
ガル山

じゃあ発達障害のことを勉強してたっていうのはたまたまなんですね。

すう
すう

そうです。はじめは本当にたまたまです。

ガル山
ガル山

その時見ていて自分に当てはまるなって思うことはありませんでしたか?

すう
すう

ありましたね。話し方とか学校でのトラブル事例とかを聞くと、あまりにも自分と似てるなって思うことがありました。

発達障害を疑ったきっかけ

ガル山
ガル山

発達障害を疑ったきかっけは何だったんですか?

すう
すう

大学1年生のときにちょっとメンタルの調子が崩れたことがあって、その当時の彼氏からカウンセリングをすすめられて通っていたんです。

ガル山
ガル山

ほうほう。

すう
すう

それで途中でWAIS-Ⅲ受けませんか?って言われて受けたんです。

でこぼこがばっちり。

ガル山
ガル山

それで診断に至ったわけですか?

すう
すう

いいえ、その時は診断には至らなくて。

今そんなに困ってないならいいんじゃない?ってカウンセラーに言われました。

ただ、その後にまたメンタルの調子を崩した時に、カウンセラーから「病院行ってらっしゃい」って言われたんです。

それで行ったら発達障害だよって言われました。

ガル山
ガル山

WAIS-Ⅲを受けはしたけど、発覚までは時間があいてたんですね~。

すう
すう

そうなんです。

高校生の時の入院では診断名とか全然言われなくて。

だからあの時のは「バグだったんだ」って自分に言い聞かせてたので、目を背けてきたものを突き付けられちゃったなって感じでした。

ガル山
ガル山

つらいねえ。

すう
すう

歳をとっていけば普通の人生を歩んでいくぞって思っていたのが、やっぱり無理だったよなってなりました。

発達障害の診断を受けて

ガル山
ガル山

発達障害の診断を受けてみてどうでしたか?

すう
すう

変な話、よかったっていう気持ちもありました。

ガル山
ガル山

わたしもホッとしました。

すう
すう

あっ そうですね。ホッとしたっていうのが合ってます。

今まで調子悪かったりするのを人に説明するにも病名がなかったから、ただ調子悪いとしか言えなくて。

自分はポンコツだなって思ってたので、ちゃんと第三者からみてもヤバいってわかったのはよかったです(笑)

ガル山
ガル山

わかるわかるわかる(笑)

ちゃんとヤバいですよって評価がついたのが嬉しいっていうのはありますよね。

すう
すう

いやぁ そうですね。

ただ最初はホッとしたってのいうのが一番強かったですね。

発達障害と障害受容

ガル山
ガル山

自分は障害者だってなったわけですけど、障害受容はどうですか?

すう
すう

そうですね…あらかたできてます。

ちょっとこう、普通だったらもうちょっとこうだったのかなって考えちゃう時があるから、完全にはできてないのかもしれないです。

ガル山
ガル山

なるほどなるほど。

特にどういうところで思いますか?

すう
すう

やっぱりこう…付き合ってる人と別れる時に普通じゃないってことを理由として挙げられちゃうこととか。

母親が情緒不安定で、怒られたり馬鹿にされると、普通の女の子だったらそんなこと言われなかったのかなとかって考えちゃいます。

ガル山
ガル山

うちも毒親だったもんで、それはよくわかります。

怒鳴るわ泣くわ(笑)

すう
すう

うちの母親も怒鳴るわ泣くわでした(笑)

ガル山
ガル山

よく耐えましたよ、そんな状況。

すう
すう

お互い、ほんとに(笑)

先延ばしとやる気維持への対策

ガル山
ガル山

先延ばしとやる気の維持ができないとかってありますか?

すう
すう

結構先延ばしもやる気が出ないのもあります。

先延ばしに関しては、それを達成できるギリギリの日程まで先延ばして一気にガーっとやるのが嫌いじゃないんですよね。

ガル山
ガル山

過集中で乗り切るみたいな?

すう
すう

そうですそうです。その流れの方が落ち着くので、それでいいかなって思っちゃってます(笑)

ガル山
ガル山

やる気の維持はどうです?

ムラがあったりするじゃないですか。

すう
すう

別にそんなにやる気じゃなくていいかなって思っちゃってて。

ガル山
ガル山

受容してるんですねぇ。

すう
すう

大学の卒論とか保育士の試験とか、割と本気で計画的に頑張らないと死ぬぞってこともあったんですけど、こんだけ大事なことでもやる気がでないってわかったので…。

なるようになれっていう感じで、ダメだったらしゃあないかなって感じですね。

ガル山
ガル山

すごい達観してる(笑)

すう
すう

たしかにここは達観しちゃってるかもしれないです(笑)

現在の仕事の状況

ガル山
ガル山

4月から就職したばかりですが、お仕事はどうですか?

すう
すう

最初はクローズじゃきついだろうからオープンにして就職したいと思ってたんですけど、やっぱりどうしてもここがいいなっていうところがあって。

オープンにした状態で面接受けて落ちちゃったら、クローズで内緒にしてとりあえず受かっちゃえばよかったのにって思うと感じてクローズで入っちゃいました。

ガル山
ガル山

クローズ就労、どうです?

すう
すう

とりあえず入れたからいいはいいんですけど、やっぱりこう人から指示もらった時に理解するのがすごく遅かったりはありますね。

冗談やユーモアを飛ばしてもらった時にそれを自分の中で解析するのにもすごく時間がかかったりだとかっていうのもあるので、クローズとオープンどっちが良かったのかなって今も思ってます。

ガル山
ガル山

今は適応できてますか?

すう
すう

微妙ですかね…4月から働き始めて1か月ちょいなんですけど、とりあえずクビにはなってないから大丈夫なのかなって思うんですけど…。

やっぱりこう、指示全然入らないなってまわりも気づいてるとおもうんですけど、それを変な人だなくらいで思ってくれてるのか、こいつこれからどうしていこうかなってなってるのか、そこの見極めまではできないです。

とりあえず自分で大丈夫だよって言い聞かせてやっていくしかないと思います。

ガル山
ガル山

なるほどねぇ。自分への言い聞かせって大事ですよね。

最後まで味方してくれるのって自分だけですからね。

今現在発達特性で困っていること

ガル山
ガル山

今現在発達特性で困っていることってありますか?

すう
すう

指示がわからないっていうのが仕事でとっても大きいってことは感じてますね。

ガル山
ガル山

言葉のニュアンスがうまくくみ取れなかったりっていうのがあるってことですよね。

すう
すう

そうですね。あれ・これ・それ、あっち・こっち・そっちとかがわからないっていうわりとベーシックなこともありますし、あとは文が長くて色々な趣旨のことが書いてあるとオーバーしちゃってわからなくなります。

ガル山
ガル山

noteに書いてらした「自分ルールが強い」っていうのはどうですか?

すう
すう

子供の頃と比べると中身は変わりましたね。

小学生の頃とかは横断歩道の黒は絶対踏むなとか、謎ルールで(笑)

大人になってからは、例えば言葉遣いはこういう風にしなきゃいけないっていう礼儀みたいなところにすごく固執してしまっていて。

ガル山
ガル山

ほうほう。

すう
すう

タメ語で話すのも、上司から部下に話すときは当然だろうって思ってはいるんですけど、なんか私の中では「違反」みたいになってて。

そういうコミュニケーション上でのわたしルール・謎ルールに、当たり前ですけど他人は沿って動いてくれないので、それでイライラすることはありますね。

ガル山
ガル山

コミュニケーション上のルールが自分の中にあるんですねえ。

普段困りますよね?

すう
すう

タメ語くらいだったら自分がイライラするだけで済むんですけど、そのストレスとかコミュニケーションを分析するエネルギーが大きいので、すごいイライラしてどうしようもなくなっちゃうっていうのは日常的かもしれないです。

発達障害と二次障害

ガル山
ガル山

二次障害って何かありますか?

すう
すう

イライラした時とかにストレス発散法がなくて、自分の頭叩いちゃったりするんですよね。

ガル山
ガル山

自傷癖があるんですねぇ。

人前で出そうになることとかってありますか?

すう
すう

職場の中でいきなりやるとかはないんですけど、ワーッとなったあとに部屋や休憩室で一人になると、今ならバレないかなって手が伸びそうになることはあります。

ガル山
ガル山

それは大変だなぁ…。

今までのパートナーへの障害告知と恋愛観

ガル山
ガル山

今までのパートナーに障害告知ってしてましたか?

すう
すう

割と最初に全部言ってました。

ガル山
ガル山

皆さんどんな反応でした?

すう
すう

外見からわかりづらいのか、そうは見えないけどって言われてました。

ガル山
ガル山

じゃあそれは無理だわってことはなかったわけですね。

すう
すう

あーそうなんだー 見えないけどねー ふーん みたいな(笑)

ガル山
ガル山

受容してくれた人っていましたか?

すう
すう

例えば、こういうことでイライラするとか言うと、みんな重荷に感じたみたいで。

それからあんまり言わないようにしてたんですけど、言われてもそれはそれで重いけど、言われなくてひとりで悩んでるのもそれはそれで重い みたいなことを言われたり(笑)

ガル山
ガル山

どっちにしろじゃん!っていうねぇ(笑)

すう
すう

そんなふうに八方塞がりじゃんっていうことを言われたりもして…だからあんまりパートナー作ってうまくやっていきたいなって考えると逆にストレスが溜まるのかなって最近は考えます。

ガル山
ガル山

じゃあこう…なんだろう、言ったらセフレじゃないけど、ふんわりと関係がはっきりしない間柄の方が居心地良い感じですか?

すう
すう

いや、そうですね。そこから先に深くなるのは嫌っていうか怖いなって思いますね。

ガル山
ガル山

なるほどねえ。

実家家族との関係性

ガル山
ガル山

春から一人暮らしされてるってことですが、実家のご家族との関係性ってどうですか?

すう
すう

母は先述の通り情緒不安定で、泣くとか怒鳴るとかもそうなんですけど、子供にすごく優しい時と、「そんな子に産んだ覚えはない!」って閉じこめられたりするときと差が激しくて。

ガル山
ガル山

お父さまはどうですか?

すう
すう

父はすごくわたしと似ていて、あんまり人との関りはなくて、ずっと仕事してて、休日は家にいるのが好きみたいな人です。

ガル山
ガル山

ご兄弟はいらっしゃいますか?

すう
すう

とても健常な姉がいます(笑)

コミュ強で陽キャで、学歴もばっちりいいし。

ガル山
ガル山

なるほどなるほど!

家族との関係が今に及ぼしてる影響

ガル山
ガル山

実家家族との関係が今に及ぼしてる影響ってありますか?

わたしだったら自己肯定感が低いとかあるんですけど。

すう
すう

でもやっぱり同じように自己肯定感はずっと低いですね。

母に言われたこととかも関連してると思いますし、入院してドロップアウトした感覚もありますし。

ずっと「値札シール0円」がずっと自分に貼られてるみたいな感覚があります。

 

ガル山
ガル山

お父さまとの関りはどうですか?

すう
すう

父とは似ているからかお互い気が合って、お互いそんなに友達いないけど、話すのは楽しいっていうか。

事務連絡だけポンポンポンとする感じとか、話すのはすごい快適だったので仲が良いです。

ガル山
ガル山

避難先があってよかったですね~!

すう
すう

父は自分もアスペルガーっぽいとか娘が障害があるってこととか受け付けないみたいなので、話してる時が快適ならまぁまぁかなって。

家族への障害告知の有無

ガル山
ガル山

実家家族への障害告知はどうしていますか?

すう
すう

医師に言われたとき、最初は隠しておこうと思ったんですけど、それまでのカウンセリング代とか医療費でお金が足りなくなってしまって。

しょうがないなと思って、ASDだって言われて病院通っててお金がないので貸してくださいっていうのをパワポでプレゼンしました(笑)

ガル山
ガル山

それってすごくアスペルガーっぽいエピソード!興味深い!

すう
すう

携帯買い換えたいとか新しいことしたいとかいう時も、ちゃんと説得させるように書いてきてプレゼンしてって父に言われるんです(笑)

ガル山
ガル山

お父さんにプレゼンしろって言われるんだ!

面白い!

すう
すう

アハハ そうなんですよ(笑)

父もだいぶ特性強めなんで。

家族の障害受容の有無

ガル山
ガル山

家族は障害受容してくれてますか?

すう
すう

言った直後、父はそういうことを知らなかったので、俺はそんなものないと思うって言ってたんですけど、理詰めで行ったら調べてみるわってなって。

そこから先どうしたのかはわからないです。

ガル山
ガル山

お母さまはどうでしたか?

すう
すう

母は本当に情緒不安定なので、私がそんな風にしてごめんね!みたいな感じになってしまって。

それ以降障害のことには触れてないです。

ガル山
ガル山

なんとなく触れちゃいけない空気があったりとか?

すう
すう

あ そうですね。なので両親がどう考えてるかとかはわたしにもわからないです。

ガル山
ガル山

お姉さんには言ってますか?

すう
すう

まだ言ってないんです。

もしかしたら母が言ったりしてるかもしれないですけど。

ガル山
ガル山

言おうって思うことはあります?

すう
すう

うーーん… 姉は嫌がりそうだなって感じがしていて…。

姉の娘が発達障害とかならそこで終わる感じがするんですけど、妹が障害持ってたとなると、結婚して子供を持とうっていう時にその遺伝子が…とか考えたりするかもしれないじゃないですか。

それはちょっとなんかこう…それで諦めたり悩ませたりするのかもなんかなぁって思っちゃいます。

ガル山
ガル山

その気持ちわかるなーー。

すう
すう

ほんとですか?

ガル山
ガル山

うち弟が結婚してるんですけど、障害告知するか迷いましたもん。

発達障害と結婚観

ガル山
ガル山

結婚ってしたいです?

すう
すう

今のところしたくないです(笑)

ガル山
ガル山

ふわっとした関係の方がいいです?

すう
すう

そうですね。両親みてて結婚にあまりいイメージがないというか。

子供も遺伝とか考えると産まない方がいいだろうなって思ってしまってます。

子供産まなくてこんなポンコツでっていうと、それにメリットを感じる人がそもそも存在しないだろうって思うんです(笑)

ガル山
ガル山

アハハ その感覚わかるなー(笑)

わたしも子供産みたくないです。母からされたことを繰り返すんじゃないかって思っちゃって。

すう
すう

わたしもありますよ。

同じように母からされたことを子供にしちゃうんじゃないかって思うこと。

ガル山
ガル山

あるよねぇ。やっぱり。

発達障害の勉強について

すう
すう

結構発達障害について勉強するのも大事だなって思うんですけど、発達障害の人に対するアプローチを勉強するのもめちゃくちゃいいと思っていて。

ガル山
ガル山

当事者研究だけじゃなくて、アプローチする側の勉強をするんだ。

すう
すう

わたしはまだ当事者研究っていうのはまだきちんとできてないんですよね…。

 

例えば認知行動療法ってうつ病のイメージがある人もいると思うんですけど、使おうと思えばどうにでも使えるじゃないですか。

ガル山
ガル山

そうだねぇ。

すう
すう

なので、「発達障害とは?」「発達障害の人が働きやすい」みたいなものを読むのもすごく大事だと思うんですけど、認知行動療法だったり、自分の認知を修正していく方法もあるって知って欲しいんですよね。

ガル山
ガル山

なるほどなるほど。

すう
すう

わたしがすごく助けられたというか参考になったのは、ソーシャルスキルトレーニングとか、応用行動分析とか。

やる気とか頑張ろうみたいな根性論じゃなく、自分を変えていくアプローチがこんなにあるんだっていうことを知れると、自分の苦しみがちょっと楽になって行く可能性があるんだよっていうのをすごく感じます。

ガル山
ガル山

根性論じゃなくて、理論的な話でもっとやれることがあるっていうことだねぇ。

すう
すう

結局みんな自助会とかで会う相手って発達障害者じゃないですか。

だからそのアプローチを知ってたら絶対楽だと思うし。

ガル山
ガル山

それは言えてる!

依存先の分散の話

すう
すう

よくこう1つのことに依存するんじゃなく、複数の依存先があるといいよってよく言うじゃないですか。

ほんとにそうだなって感じたことがあって。

ガル山
ガル山

ほほう どんな時に?

すう
すう

高校生の頃、学校・バイト・家しかコミュニティがなくて、おおもとの家がすごく嫌だったので、それこそ異性に頼るっていう方向になってたんですけど…。

ガル山
ガル山

うんうん。

すう
すう

大学生になって、大学・バイト・家・サークル・ボランティアって結構いろんなところにいたんです。

ひとつのコミュニティで嫌なことがあっても、他のコミュニティで柔らかく受け入れてもらえると、自己肯定感とか所属してるっていう気持ちが下がりづらくなるんですよね。

これ以上何をすればいいんだろうっていう時には、依存先を増やしてみるのは良いと思いました。

ガル山
ガル山

確かに確かに。最近それすごい実感してまして。

わたしチャットルームやってて、30人くらいの緩いコミュニティなんですけど。それとTwitter、あとmocriで他の当事者の方と会話したりとかで楽になってきましたもんね。

すう
すう

じゃあそんなに直接的な関りじゃなくても、オンラインでもあるんですね。きっと。

すうさんの文章が面白い!

ガル山
ガル山

わたしすうさんの書くnote好きで。

表現が面白いなぁって。

性に関する話題をタブー視しないで載せるのもいいと思ってて。

病気や障害があっても性の事情があったっていいじゃなないですか。

そういう記事を書く動力ってどこからきてますか?

すう
すう

一番最初のnoteを書いたときは、母親が気持ち悪すぎて(笑)

ガル山
ガル山

(爆笑)

すう
すう

あっけらかんと言っちゃ悪いんですけど(笑)

ガル山
ガル山

いや でもお母さんやばいよね(笑)

すう
すう

いや そうなんですよ。無理キモって思って。

じゃあいっちょ書き出してみっかって思ったんですよ。

文章にすると結構客観的になれるじゃないですか。

ガル山
ガル山

うんうん。

すう
すう

そしたらわたしが被害者意識強いんじゃなくて、ホントにこの人気持ち悪いんだなってわかって。

ガル山
ガル山

そうそう、被害者そのものなんだよ!

すう
すう

それでその時救われて、そっから楽になって。

そこから色んなことを文にしていったら、色々なことが整理されてきたり、頑張ってきたなわたしって思えることが増えてきて。

最近はがーーーっと書いてます。

ガル山
ガル山

自己肯定感に文章が役立ってる感じですか?

すう
すう

あぁ そうですね!

ガル山
ガル山

すうさんのnote、皆さんもぜひ見てみてくださいね!

今日は本当にありがとうございました!

すう
すう

こちらこそありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました